So-net無料ブログ作成

ザ・チーフタンズ来日公演2012 結成50周年記念ツアー@東京・オリンパスホール八王子(2012.12.1) [音楽]

裏面の382回目。

ザ・チーフタンズ来日公演2012 結成50周年記念ツアー@東京・オリンパスホール八王子(2012.12.1)

とりあえず、ツアーパンフの表紙をね。

EPSON144.JPG

聴いたことのある曲もあったけれど、セットリストも曲が全部分かった訳ではなく。

でも、楽しかったし、良く理由が分からないのだけど、

込み上げてくるものがありました。

コンサート自体の感想は、当日ゲストで出演された矢野顕子さんが

ツイッターに寄せた言葉以上に、今の私には言葉が紡げないので、

転載をさせていただきたいと思います。



「矢野顕子さんのアカウントにて、12/1深夜にツィートされたメッセージより転載させて頂きました」 ***


"ほぼ10年ぶりにいっしょに演奏したチーフタンズ。パディのプレイはますます冴え渡る。

一番最初に共に演った時から、メンバーは半分になってしまったけれど、

チーフタンズという銘柄サウンドに曇りは無い。あげく助っ人たちがみなうまい。

この躍動感、そして包容力。音は人なり。"

***


誤解されそうなんだけど、ステージが、まるで人間賛歌の演劇の如くで。


そういうのちょっと照れるタイプなんですけど、この日はその世界に漂いました。


楽しい曲も、

哀愁漂う曲も。

意味はわからなけど、シャン・ノースという歌唱法のソロ歌唱も。

ステップダンス、日本のバグパイプやイーリアンパイプの団体との共演も。

日本のダンサーもいたなあ。

矢野顕子さんとの共演も。


最終曲は、お客さんが大勢手をつないで、会場を巡り、

ステージにあがってチーフタンズをぐるりと取り囲み。

チーフタンズは声だけを残して消えて、舞台にはお客さんだけが残るというね。


「素早き戦士」のあたりや、

色々なゲストとの共演や、

2部でのソロ回し(矢野さんは「モスラ」を歌ったよ!)、

で最後の曲。


なんど、落涙しそうになったことか。


本当は、楽しんで、楽しんだ方が良いのかも知れないけど、


僕は、感激の方が大きかったみたいだ。

感激という言葉で説明しきってはいけない様な、何かなんだけどね。


という感じでね。

矢野さんのメッセージに頼ることにしたんです。

当分、消化できないと思う。うん。ゆっくりとで、いいかな。


あ、でも、メンバーの声や息遣いを感じられたのは、とても貴重でした。


フルート、よかったなあ。

バウロンもトラディショナルなスタイルなんだろうけど、渋かったし。

じわり、じわりと空気を作る感じでね。

所謂オリジナルと言われたメンバーは、既にこの世を去ったり、

病気で海外ツアーには参加してなかったり。

そうは言っても、矢野さんのメッセージにあるとおりです。


私には技量を評価する耳がありませんが、なんか凄いなあという、

圧倒される感じは、受けましたのでね。


チーフタンズはまた観たいですなあ。


と、いいつつも、日本のグループに大注目をしたいなという気持ちも、変わりなく。


MCは矢野さん以外、全部英語。しかも、アイリシュ訛り(だと思う)で、
多分、私のヒアリング力では2~3割しか、正確に捉えてないと思うのですがね。

はっきり分かったのは「Anyway.」(アニウェイと聴こえるときもある)位でして。。。

パディ・モローニ さんの豊かな表情や全身から醸される雰囲気で、
気分はとっても伝わってきた気がします。

なにより、音楽やダンスは、そんな壁はないし。

音楽があって良かった。


ステップダンスも凄かったなあ。

タップダンスで、セイビアン・グローバーの映像を観て驚いたけど、

世界は違うのだろうけども、案外トリッキーなステップもふんだんで、心地良かった。


とまあ、文脈が乱れた感じもありますが、

こういった形でね、何かこう、整理されていない気分なんであります。


今日のところは、断片的に覚えている数曲をリンクして、おしまいにします。

Sting & The Chieftans - Mo Ghile Mear (素早き戦士)




The Rolling Stones & The Chieftains - Rocky Road To Dublin



The Chieftains Reunion (Round Robin) featuring The Low Anthem at WGBH




これも、演奏されてました。宇宙からの音楽演奏って、これが、初めてだったのかなあ。どうだろ。

まずは、元の映像。照明が暗くなり、ステージ後ろのスクリーンに表示されてました。


そしてだんだんに、チーフタンズが演奏を合わせてゆきました。

チーフタンズがコラボすると、こんな感じに。。。50周年記念のアルバムにも収録されています。
The Chieftains in Orbit (with NASA astronaut Catherine Coleman)



これも演奏されたかも知れないです。映像は古いけど、貴重だと思います。
Chieftains - Women Of Ireland


矢野さんは、ソロ回し以外では2曲披露。2曲目が共演曲として有名な、この曲。

ねぶた祭りと関係のある唄(ふなまち唄)をコラボしていると、

当日、唯一日本語での説明が、矢野さんご本人からありました。


Sake in the Jar - Akiko Yano and Sissel - Siuill a Ruin
(映像の後半は別の方とのコラボみたいです)




あまりに、曲の情報などが少なすぎてね、形になりませんが。

この日の情報があれば、また追記します。


さあて。次は多分、また少ししてから。

また、ライブがまた連続する予定ですので、その時に。

(乱文、誤字、脱字。説明の不備など、修正に努めます)


サイドB

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。