So-net無料ブログ作成

ザ・バンド [音楽]

裏面の6回目です。番外編明け、久しぶりです。

テーマを離れると、羅列したい言葉が、ひとつ、ひとつ、浮かんでくるのですが、
やはり、裏面は当分は対象のある話題を扱いましょうかね。[るんるん]

さて音楽好きの大先輩や音楽業界の方には、僭越なので、優しく見ていただくとして(そもそも、ここまで来ていないか)、
今日は、「ザ・バンド」のお勧めです。[演劇]

これ、バンドの正しい名称のカタカナ表記です。母体となったバンドの名称は変わってきたとのことですが、最終この名前で有名になったという訳だそうです。よく、ボブ・ディランがエレキを持ったときに、一緒にやってたバンドということで紹介されることもある様であります。[カメラ]

私は、ビートニクス(高橋幸宏さん、鈴木慶一さんのユニット)のカバー曲「ステージ・フライト(ステージ恐怖症)」[がく~(落胆した顔)]から原曲を追い求めてゆくうちに、彼らの第1期の総決算的な「ラストワルツ」に行きつき、そこから、熱中してしまっています。

いつも通り、曲と曲名は覚えられません。[あせあせ(飛び散る汗)]

忌野清志郎さんが細野晴臣氏との何かの対談で語っていたお言葉では「サイケデリック全盛期にこのサウンドをやっていたのはすごい」という評もありましたね。(対談本が出ていますので、よろしかったら、機会を得て手にとってみると楽しいですよ)

ステージフライトで感激したあと、最初は、カントリーロックか?と思い込みかけました。でも、アメリカのロックなりソウルなり、ラグタイム(って言うのでしょうか)などが、色々と登場してくるのであります。[ハートたち(複数ハート)]

アメリカのロックいいじゃない、と始めて思った気もします。私はどちらかと言うと、イギリス系が好みで、
ロカビリーも詳しくないし、Dr.ジョンなども、まだ良く知らないということもあり。

バンドメンバーはドラマー以外、カナダ人だったようで。
ギタリストのロビー・ロバートソンはご存知の方も多いでしょう。
ビデオ映像などを見ると、ドラマーやキーボディストのガース氏の存在感にしびれたり・・・しました。
(メンバーが色々な理由で2人なくなっていたりして、全盛期のメンバーの演奏はもう聴けないのです)

今となってはロッククラシックなのでしょうが、学生時代の僕にはこの良さが分からなかっただろうとも思います。
今出会っていることに感謝なのであります。[黒ハート]

第1期のアルバムは数枚出ていますので、1枚目、2枚目、ラストワルツのあたりからなら、入りやすいかも知れません。
ラストワルツはゲストも豪華です。(ニール・ヤング、クラプトン、ジョニ・ミッチェル、ボブ・ディラン(あってたかな)等々)

映画を観ていないので、現在、映像をお借りするのを待っているところです。

何らかの機会を得て、1度どうでしょう。「ザ・バンド」。もしかしたら、良い出会いになるかも知れません。[音楽]

では、裏面6回目はこの辺で。

(春の嵐がきたり、日々の天気が、変わりやすいですが、ご安全に過ぎることをねがいつつ)

<飛行機のコーナー>
本日、B767の話。以前のハイテク機ですね。(怒られそう。ごめんなさいませ)

福岡でギア(車輪一式という感じでいいでしょうかね。イメージとしては)のブレーキ金具の不具合で、
火花を散らして着陸滑走しておりまたね。[TV]

詳しい話しはさておき、人身に影響がなくてよかったです。[たらーっ(汗)]

理由は分かりませんが、ギアが上がらないので、那覇に行くところを引き返したそうです。
お客さんには迷惑だったでしょうが、落ち着いた判断だったのではないかと感じました。
たしかに、車輪がおりたまま上昇し那覇近くまで巡航して着陸するには、予測できないリスクもあるので、
早めに戻ってよかったのでしょうね。(素人なのに、なんか偉そうで、すみません)

整備をしていても、思いもよらない始めての事態が起きることは、素人からみてもありそうです。
私は飛行機が好きですし、一定の信頼は置いていますが、自転車だって整備不良でブレーキがきかなきゃ、
坂道では危険。他者には凶器にすらなりますからね。[モバQ]

図体の大きさの問題でも、複雑なつくりであるかどうかの問題でもないだろうと、思いますねえ。

だから、操縦も、管制も、人間がいて、柔軟かつ多面的な判断ができる様になっていて良かったと
改めて思いました。(時に重大な過ちもおかしますが、それは特別なこととして)[眼鏡]

あくまで現時点の個人的な見方に過ぎませんが。[飛行機]



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

幻の番外編の後に番外編1号 [今なら欲しい]

昨日、表面が休憩中なので、裏面も違うノリで番外編をアップしましたが、
気が変わって・・・なかったことにしました。

かつての某ラジオの木曜2部みたいな世界がいいので、まあ、そんな気まぐれも許してくださいませ。

それで、今日は、やっぱり番外編でーす。1号。

裏面の番外って。。。なんだろう。


テレビで「チャンネル回して」って言いますよね。
ふと、本当にチャンネルを回していた頃を思い出したのです。

関東では2ch(ネットのとか、かつてのホテル有料放送ではない)の存在が不思議で・・・。
5chとか7chとかよりも、2chが数字が若いせいか「なんで空いているのか」・・という子供なりの不思議。

一番、凝った装飾の家具が、始めて我が家にきた。「キドカラー」だったよーな。
(so-netでしが、ソニーではありませんでした。もともと関係ないか。)

VHFはガチャガチャのチャンネル。
UHF(アンテナが立ってないので、あまり見なかったけれど)は、ラジオのつまみと同じ。

やることないと、チャンネルをガチャガチャと遊んで、怒られていた気もする。
子供番組は見ていたのでありますが、何故か11PM、噂のチャンネルなんかを、
小さい子供が見ているのであります。
(傷だらけの天使、土曜夜11時は、良くみた。はじめの歌のシーンだ大好きで。
 「アニキー」「あきらぁ」とかね。ちなみに、某氏の暴露本には興味ないです。じじいになる前にいいたくなるのかなあ、前もそういう方がいらしたし・・・。)

今ならCMの方が激しいかも知れないけれど、11PMはマニアな趣味や大人向けの娯楽番組であって、
子供が見るものではなかったのですが、BGVだったのですね。
親は仕事でつかれて深く眠っていて、私は寝れずにテレビをつけているという、長屋暮らしの図。

タイガースの解散とか、ビートルズの解散とか・・・そのテレビか、その前の小さな白黒テレビで見た様な。
幼稚園にあがる前の年頃でしたでしょうかね。そんな時代。

さて、テレビはその後、進化。リモコンができました。
なんと、「ガチャンガチャン」と回るんですよ。リモコンで。
当時はこれが、金持ちの証でもあったので、触りにゆきました、持っている友人宅に。
何が楽しいって、エレベータで遊んで怒られる子供と同じです。

メカに触っていることが、嬉しいのですね。

その後は、チャンネル部がスイッチ形式になえり、リモコンもチャンネルが切り替わる様になりました。
そして、ついに上下とかのボタンになり、表面に見えなくなりました。

リモコンに数字がありますが、これが・・・あのガチャンガチャンのチャンネルの名残かと、しみじみ。[いす]

チャンネル時代の話しに戻りますが、
つまみがとれるんですね、何年か使っていますと。まあ、10年は見ますからねえ。頑丈だったんですよ、昔の日本製は。
オシャレになる前(あー僕SONY好きですから)。

で、ペンチとか、プライヤーで回していたりしていました。長屋とか団地だった当時の我が家の場合。

当時は、100円ショップなんてないから、用途の少ないボンドを買うまでもなく、
テレビの上に工具を置いておくのです。貧乏臭いけれど、結構面白い図。[TV]

今なら、ちょっと危なげで、やらないですよね。おおらかだったなあ(うちだけかあ)。

CMで「シャバダバシャバダバ」ってやっておりまして・・・11PMではないかと。
大橋巨泉という人が司会をしていまして、末期は愛川欽也さんなんかもやってました。
温泉めぐりのコーナーなんてのがあって・・・。

この手の話しは、泉麻○さんとか、み○らじ○んさん、元林やこぶ○さんあたりの本なんかで
見てくださいませ。[猫]

「昭和の○○」とかいいますが、今それが欲しいかというと、どうなのかなあと思うのですが、
当時の生活様式全体に戻るなら、OKです。はっきりいって。

子供でいることが本当に楽しかったから。
今もそうだと、いいなあ。[猫]

最近、ラジオをつまみでチューニングしたり、弦楽器をチューニングする、なんか連続を感じることに安心を感じるのです。

これデジタルなしでは耐えられないくせに、劣化しないことを求めていたはずなのに・・・自己矛盾。

音楽を聴くのにも、レコード針にも気をつかっていた頃が懐かしくもあり。
「ギギ」と音がしようものなら、盤を皿の様にみて、傷がなくてホッとしたりして。(庶民まるだし)

レコードにはスプレー。大事なLPはパックして(結構高かったから、最初のキットを使い切って、追加できなかった)。

テープにも自分なりのルールがあって、クロームが標準で、大事なのはメタル。
なんか、頂くテープがいつの頃から、TDKのAD(CMの影響と思うけれど)中心になってからは、
音楽にもノーマルテープ使うこともありました。

テープ代もバカにならなかったけれど、今は投売りですねえ。
パーソナルコンピュータの走りの頃は、テープでデータやりとりしていた時代もあったのですよ。
まあ、いいか。


ところで、今きくと、メタルでも結構劣化しています。
当時使っていたメーカーローカルのノイズリダクションとの相性もあるのでしょう。

CDも管理悪いと表面にカビはえるとか。

それから、
意味もなく、テープに音を録ること自体が楽しい時代もありました。

友達の会話をとってから、後で皆で聞き返して2度笑うみたいな、へんな使い方もしていたけど。
今、デジタルの器材(チープなもの)ですが、それをやろうかなあと思っているところなんですね。

街とかその場の音が良いとか、残したいということが増えてきました。
ビデオもいいのだけど、絵がない音の世界で思い返すのもいいものです。

子供の頃の自分の声、会わないうちに他界したおじいさんの声。
写真と見比べては、頭の中で映像を創った・・・。
その世界にもう1回近づきたいなあと、想像の自由を手に入れたいというか。

CGの世界も本当にキレイでワクワクします。

が、実家に帰って開くダンボールの中のガラクタになったテープを聴いて「あーこれこれ」と思う様な、
個人的な空間もいいなあと。私にはそういう物的なものは、もうないのですけれどね。

こうして、パソコンを前に語るのも変ですが、部品の意味はわからなかったけれど、仕掛けが見ていた機械時代が
自分の脳にあっていたのでしょうね。
(その先の世界である電子機器とかコンピュータにも興味が強かったのですが、もう1面ですね)


いやー、長いひとりごと。

では、番外編1号はこれまで。

気が向いたら、裏面の次回をやりましょう。

BE FREE[iモード]

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。