So-net無料ブログ作成

評価は歴史に委ねるのだろうけど。日本型の民主主義の一つの死に。なんてな。 [番外編]

せっかくまたブログ回帰したばかりですが。

番外編です。。ということは、気持ち的なことを綴る区別でございます。

あんまり参照されないタイプの回ですが、まあ、奇特な方はお付き合いを。

2011年6月1日。

歴史がどう評価するかは、長生きしなくては分かりませんが、

私が生きてきた短い時間の中では、

日本型の民主主義が一つの死を迎えた日であろうと、

思ったのであります。

党首討論の音声を聴いた方はどれ位おられますか。

たくさんは書きませんが、タイトル通りのことを思ったのです。

別にどちらにも与していませんけどね。

理屈や理由もあえて書きません。

被災地や原発問題の直接、間接の影響は少しでも軽減して欲しい。

そこは私はブレませんし、私ができることはやめないことも変わりがありません。

が、一つの絶望を知った日になりました。

ちょうど、個人的な事情がいくつかあり、ツイッターの方は頻度を下げることにしたので、

ブログには少し踏み込んで記録しておこうと思った次第です。

ここは、もともと、ゆっくりやっている場なので、頻度は変りませんけれど。

また、自分の断片なり、これまで、たくさん温めてきたテーマで何か書けると思います。

お気楽に別の気分で、ケロっとね。

まあ、かなりゆっくりだと思いますが。

えー、過去の記事も案外、偏りがありつつも、それなりに味のあるテーマやネタもあるので、

まあ、よかったら、覗いてあげてください。

では、引き続き、各自の持ち場で、できることを、ゆっくりでいいから、やりましょうか。ね。

皆さんの健康を願いつつ。本当に、元気でおりましょうね。

サイドB(番外編。2011.6.1)

共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。