So-net無料ブログ作成

課外活動(夏編)!柳家小三治一門会@サンパール荒川(2012.7.18水曜日) [落語]

裏面の370回目。

大人の課外活動。一人部活動が多いですが。

たまに、連れがおります。まあ、家族が多いけれどね。

今回は、母と落語を聴きに。観にかなあ。

柳家小三治一門会です。

EPSON024.JPG

演目

P1000166.JPG


場所のせいでしょうかね、私なんぞも、チケットが取れまして。

普通は、小三治師匠が登場すると、まあとれないそうで。


まあ、私的には幸運に働きました。

何しろ前から10列目で観れたのですからね。


せっかくだから眼鏡なしで、目をこらしましたよ。

肉眼で小三治師匠を拝まくちゃっていう、変なファン心理で。

眼鏡の人も、コンタクトの人もいるだろうというのにね。


ともかく。


出演、皆さん、初めてということで。

(基本、落語の場合は、私の場合、常に始めてになる)


やはり、生というもの、場というもの、

これに代われるものは、ないなあと。

ありがたいなあと思いながら、それぞれに楽しみました。


小三治師匠のマクラは今回は少し短めだったのかなあ、

にしもて30分はマクラだった気がします。


今晩はもう遅いので、色々は書きませんが。

思い出したら、また追記します。


もうマクラの部分は本当にその場所に行った楽しみなんだなあと。

つくづく。


青菜という演目も、この暑いさかりに、実にぴったりで。


噺もすごーく、オーソドックスにやっているんだけど、

無茶苦茶盛り上がりましたよ。


途中から、会場、爆笑の渦。


これは、音楽でいうとなんだろう。

プログレかなあ。ジャズとは違うなあ。

うん。

クラシックでは例えられないから、大衆芸能ということでいうと、

私はロック畑でしか例えられないので、

やっぱりプログレ的盛り上がりな気がする。

(正しいかどうかは別で、今の気分で。。。)


まあ落語の方は笑いがついてくるから、難しい理屈はないんだけど。


母も凄く楽しんでいた様で、その点でも良かった。

笑という薬に代わるものはないのでね。


独りじゃ、まあ大笑いを、長いことは、できないから。

テレビ観て、一人笑うことはあるとは思うけど。


一緒に笑うってのは、案外、いいんじゃないかと思うのですなあ。


そうそう。こんなチラシも入っていたので。

EPSON025.JPG


EPSON026.JPG

行けませんがね。

行きたくなる様なチラシなんだよねえ。


大幕の内弁当的な会と、談笑師匠の会と。

行きたいよなあ。

落語会は、また母と、そのうちに。


母とは、次はアイリッシュの会です。

笑いの次は、響きです。

別に親孝行ではなくて。


なにしろ、スポンサーは母ですから。

いい年して、ゴチになってます。アハハ。


まあ私は、母の意向も聞きつつ、レクレーションのアレンジをする代わりに、

自分も楽しませてもらっている、という図となっております。


そのうち、氷川きよし位は、

付き合わないといけないと思ってます(笑。いや、真面目に)


父ともね。

こうして一緒に落語でも聴きにこれたらよかったんだけど。

自分の気持ちが間に合わなかったんだなあと。

してもできない反省ってあるなあと、いまさらに思うのですねえ。

なんでかなあ。

あまり状況は変わっていないのだけど、

父がいなくなったこと以外は。。。

湿っぽくなりましたが、

まあ形はなんでも、存命の母と時間を過ごすのも、良かろうと思って、

色々、見つけてきては、アレンジをしております。

そういうこと、なんであります。


親子といっても、ばあさんとおじさんの二人連れですけどね。



さてと。

マクラとかその他、また追記するかもです。

とりあえず。完全に自分向けの記録になってますが。


まあ、そんなもんですなあ。

ご勘弁を。



そういえば、父母の出身は石川県でしてね。


志賀原発って今、少しニュースに出てますでしょう。


石川県の能登半島の西の真ん中あたりにあるんですがね。

あたし、昔、自転車でそこまで行ったことがありますよ。

それ位に私の一つの田舎が近いんです。


石川県の能登半島ってそんなに広くないんです。

まあ、変に煽りませんが、ひとたび何かあった時には、


県でみるのも、ミクロすぎるとは思いつつ、

石川県という括りでみた場合、福島の様に広い県ではないので、

ダメージの程がニュースの扱い方より大きいと思われます。


単純にいうと、

私の父母の田舎が立ち入り禁止になる可能性があるというリアルさです。

隣接する県への影響とかは別として、の話ですよ、まずは。



昨年の震災が起きた時、神奈川も避難しなくてはならないだろうと、

原発で事故という一報を見た瞬間に思いました。

私はともかく、家族は。

結果的は、我が家は生活の場を変えませんでしたがね。


能登半島の場合は、もっとリアルだなあと、他県に住んでいて思うのです。


反xx 脱xx とかを強調したいのではなくて、

単純に、ニュースで見ていると、そういう影響の大きさは見えないなあと思いましてね。


なんの力にもならないのですが、記録はしておこうと思ったのであります。


親戚も住んでますしね。何かあっては、嫌です。

単純にそんな目線ですけれどね。利己的な。。。


話がそれましたが。



まあ、そんなことで。

またの機会があると、いいなあ。

仕込みの相談は母としてきましたので、

もしかすると、機会があるかも知れない。

ということで。その時に。

このブログは音楽の方が多いのですが、最近はたまに落語が登場しますのでね、

続けたいところですね。

寄席なども本当は行かなくちゃなあと思ったりもしていますが、

まあ落語とは、この先、長い付き合いができそうなので、

焦らず、ゆっくりにとは思っています。


では。


どちら様もご息災で。


サイドB
タグ:柳家小三治

共通テーマ:芸能

2011年12月~2012年7月初旬、芸能(音楽と落語)鑑賞の足跡 [棚卸し]

裏面の369回目。

今日は、おさらい、をしたいと思います。

昨年、2011年12月から2012年7月初頭までの

音楽(ライブ、バスキング)、落語会の鑑賞記録を

時系列に並べてみたいと思います。


これからも、続いてゆくことですけれども、

活動のある種の集中した時期を越えた感じがありますので、

気持ちの整理もかねて、眺めてみたいと。

今回はそういう記事にしてみたいと思います。[手(チョキ)]

2012.12.16 課外活動がはじまりました。「ストライクカンパニー第三回株主奏会〜江戸・三人唱〜」 

マヌ・カチェ@ブルーノート東京(2012.1.12。1st)

課外活動(落語)。立川志らく×立川談笑@関内ホール(2012.2.19)

課外活動(音楽)・ストライクカンパニーpresents第五回株主奏会@高田馬場CLUB PHASE(2012.2.25)

課外活動(落語)。関内寄席 『立川志の輔 独演会』 @関内ホール(2012.3.1)

課外活動(音楽)・THE BOOMの応援ミニライブ@『Sports of Heart 』(恵比寿ガーデンプレイス/2012.3.3)

中村まり@原宿 NORTH FACE 3 march(2012.3.9)

KATA-KANA ワンマンライブ 2012 "Deneb-デネブ-"@恵比寿 天窓 switch(2012.3.16)

課外活動。ストライクカンパニーのライブ。第六回株主奏会(アコースティックな糸)@渋谷HOME(2012.3.24)

課外活動。cafu-(カフー)@高田馬場mono(2012.4.3)

課外活動。カナミネケイタロウ(金嶺圭太郎)氏出演、"Full Moon Eve LIVE!!"@綱島FATMAM(2012.4.6)

バスキング体験(ドレクスキップ/2012.4.12@吉祥寺、モダン・アイリッシュ・プロジェクト/2012.4.13@二子玉川)

課外活動(はやくも初夏編に突入)・おおたけしたち@下北沢モナレコード(2012.4.14)

課外活動(初夏編)『ヨロコビ組』見参!@下北沢モナレコード(2012.4.26)

2012年のGW(KATA-KANA、カワミツサヤカ、大城クラウディア等々) サイドB的2012年GW報告

モダン・アイリッシュ・プロジェクト@二子玉川ライズ(フライデーバスキング。2012.5.11)

cafu-ライブ。"Color Scene"より(出演全員が良かったよ)@高田馬場mono(2012.5.19、晴れ!)

2012.6.8~9に音楽を色々 東京音楽旅行の2日間(ストライクカンパニー、きいやま商店、トレモノ、cafu-、tricolor、ドレクスキップ)

ストライクカンパニー。久々のバンドライブ!@渋谷gee-ge(2012.6.14)

Modern Irish Project × John John Festival 《アイリッシュバンド決戦!》 @仙川 KICK BACK CAFE(2012.6.23)

7月のかりゆし(カワミツサヤカ、ストライクカンパニー、カラビサ、rainman)@2012.7.6(月見る君思フ)


という感じとなりました。

この間に色々なつぶやき記事、2011年末の八重山旅の日記、

何かの音楽的話題の記事などがありましたが、

純粋に体験記だけを抜き出すと、以上の様な記録となりました。

音楽の記事19件、落語の記事2件。

音楽記事を主なアーティストで整理すると。

(1つの記事に複数のアーチストが含まれていても、それぞれカウントしているので、

 記事の数より合計は多くなります。のべ件数です。)


ストライクカンパニー6件、

カナミネケイタロウ氏関係2件、

KATA-KANA(対バン含め) 3件、

cafu-(ゲスト出演含む) 4件、

アイリッシュ、北欧関係 3件、

カワミツサヤカさん関係2件。


並びは、一応、拝見した順番にしてみました。


他、タイトル内に記載のあるアーチストの方を、

それぞれ拝見した感じとなっています。


ブルーノートにマヌ・カチェを観に行ったり、いい思い出です。

落語もまあ立川流の中では、人気のある方の噺を聴けたのも、

稀有なことでした。私にとっては。

THE BOOMを恵比寿で拝見した時は、寒かったなあ。

4ヶ月前のあの冷気があれば、もう少し冷えてちょうどいいんですがね。

うまくゆきませんなあ。


これからも、音楽も落語もその他のことも、足を運んだり、ネット越しに観たり。

すると思います。[演劇]

繰り返しになりますが、

この半年ちょっと、

色々な展開と私の興味関心が相乗効果となって、

わりと活動的だった気がして。

それで、整理してみました。

これからは、ペースも落ち着く感じです。


ジャンル的には、一時的に偏りはあるかも知れませんが、

長い時間でみると、これまで通り、ばらつくだろうと思います。

まあ、先のことは分かりませんからね、機会に恵まれたら、

楽しんでおこうと思います。


この記事にはオチがないので。こんな感じで。

では、また、何かネタがあれば、何かアップしますね。

では。[晴れ]


サイドB


共通テーマ:芸能

7月のかりゆし(カワミツサヤカ、ストライクカンパニー、カラビサ、rainman)@2012.7.6(月見る君思フ) [音楽]

裏面の368回目。

今月のライブ記事はこれが最初で、最後かも。

P1000147.JPG

少々、流動的なイベントが1つありますが、まだ未定のため。

さて。

タイトルは出演者全員を書いてます。

ツイッターでストライクカンパニー以外の感想とか気持ちみたいなことは

述べたので、転載しますね。


rainmanさん

7/6は月見る君想フで、主としてストライクカンパニーと、カワミツサヤカさんを観に参りました。
結局最後まで居て、カラビサさん、rainmanさんも観ました。
rainmannさんみたいな音楽も、子らに観せてみたかったので最後までいて。
私のある回路にとりツボでした。傘、良かったなあ

カラビサさん

予習をしてたけど、生の素晴らしさ!ロンドン辺りでライブやればいいのに、と直感する程。
他の文化圏との通底をね。あと与那国との関わりは気が入ったな。クユ、この辞書でも確認。
与那国でもステージ、楽しんでね。ふがらっさー。
P1000148.JPG

カワミツサヤカさん。

過日、横浜でのフリーライブに家内だけが観覧し大感激。
他にも2010年7月の上京上等や、今年のGW、はいさいフェスタも家族で観てる。
CDはタワレコで買ったかな。聴くたびに歌が良くなるなあ。
帰り際に家族で、色々お話でき、あり難かった。琉詩、君咲く春。染みるわ。


このブログではストライクカンパニーを中心に、ライブ後のエピソード等々を。

今回のライブは5月に彼らの生まれ島、石垣島すけあくろう にて行われたライブと

同じメンバーでのライブでした!

ボーカル、Aギター:具志堅巨樹
ギター、コーラス:石垣隆太

ベース:山川浩正(THE BOOM)
ドラムス:森芳樹(泰山に遊ぶ)
キーボード:ビッキー


<セットリスト>
1.好きなことしてるだけ
2.たらればLOVER
MC
3.台風13号
4.同じ月を見ている
MC
5.新曲!
  I can do it.  (I can do it! かな。。。)
6.オバー自慢の爆弾鍋
  スペシャルゲスト!カワミツサヤカさんも、参加!)

→BEGINのカバー。B-SHOP当時、このアルバムにも収録したこともある様で。
 今沖縄では、ドラマもやっているのですよね。


LET’S BEGIN!~オモトタケオソングス~

LET’S BEGIN!~オモトタケオソングス~

  • アーティスト: BEGIN
  • 出版社/メーカー: インペリアルレコード
  • 発売日: 2003/02/21
  • メディア: CD




まあ、なにしろ、曲目はどうだったかは分かりませんが、

石垣島ライブの再現という気分でしたのでね。

それはということで、最近では、ほぼ不可能となった、

親族一同で出かける程の一大事な日になりました。(ちと、大げさか)


私はこの3ヶ月で、3週間に1度は、ストライクカンパニーの皆さんに、

ライブなり、他バンドのライブなりでお会いしているんですがね。

それにサプライズで、ファンの方の計らいで、ゆっくりお話する機会もあったり。

でも、家族は3人だったストライクカンパニー(その時は2人になるとは知らないままでしたね)を

2月に観たのが最後でして。


4ヶ月とちょっと。冬が終わり、春も過ぎて、夏の入口。

二人のストライクカンパニーは色々自由になったよ、と伝えていたんですが、

やっぱり、本物を観ないとね。



そして。

はいさいフェスタでカワミツサヤカさんを家族で観たこと、

ご近所でカワミツさんがフリーライブをした際に、大感激して、

カワミツさんと色々言葉を交わしたりした事などもありましてね。


このライブは、カワミツサヤカさんの時間(トップバッター)に間に合うか、

そういうヒヤヒヤもありました。


カワミツさん、感想転載してしまったけど。

歌がね、本当に、聴くたびに説得力が増してますね。

これからも楽しみなアーチストさんです。



そして、ストライクカンパニ-。

実は19:40~という情報もあったことを、ガッキーのツィートで帰宅してから知りましたが(笑)。


当初、19:20と聞いていたので、

これすら間に合うのか、そんなカツカツの状態でした。


・・・スマホだとかをもたない人なので、情報をロスりました。


まあ、よき偶然のおかげで、開演前に会場に入りまして。

先だって色々お世話になった方に、そうバタバタせずに、家族も紹介できた様なことで。




今日のバンドでのアンサンブルということで。


ベースの山川さんを解説するという不遜な行為は全くないですがね。

良かったので、一言。

ブームや、たけしたち、他で聴いたり、観たりさせて頂いてますが、

今日はいつになく、ベースを前に押し出しつつの音色、バランスでいながら、

旋律は歌いすぎない。絶対に歌いすぎない。渋いプレイでした。


少ない引き出しで例えると、当日のステージに限れば、

リーランド・スクラー の如く。

帰宅間際に、今日はストライクカンパニーのサポートということもあるので、

山行のお話など、会話してみようかとおもっていたけれど、

ちょっと、間がよろしくなくで。

まあ、またそのうちに。

(ストライクカンパニーのライブ会場でお見かけする様になって以来、

 挨拶もしないままに、随分年月がたってしまったけどもね、、、)


ドラムスの森さん(from 泰山に遊ぶ)、キーボードのビッキーとは、

歓談しましたたね。島旅のことや、最近のツイッターネタとか。


今日の3人だと、バックの壁というかバリヤみたいな乗り物ができるアンサンブルに感じました。


面白いですね。ベースとドラム、生のピアノかエレピか、そんなことで、

印象が随分変わるのですねえ。

今更に、良い発見でした。


ナオキンのボーカルも、いつになく、ポップな一面もあったし。

ガッキーのギターは今回からモダーン(エピフォン製だそうです)、音量の大きさによらずに、

ぐっと前に出てくる。

よって、ガッキーのプレイも、いつもより、前のめりな感じで、ソロもラフさもあって、

それがまた良かった。


そうそう、新曲。ね、こうなってくると、バンドは良いですよ。

タイトルがまた、ストライクカンパニー始めての、タイプじゃないかなあ。

いいねえ。


早く音源でも聴きたいなあ。

と、メンバーにも、図々しく、おねだりをしてしまったけれど。


後で追記するかとおもいますが、ひとまず、ここまで。

今頭と心にふっと浮かぶことを書きました。


そうそう、「同じ月を観ている」は、あのまま、シングルにして欲しい位のいい出来だった。

(上から目線じゃないんですが、そういう言い方になっちゃう)


では、ひとまずは。

(乱文、誤字、脱字 多謝。訂正に努めます)

サイドB


共通テーマ:音楽

ユーロ2012、スペイン優勝おめでとう!さあ今度は日本、最終予選がんばろう! [ユーロ2012]

裏面の367回目。

今日はとても短い。

やっぱり、スペインは強かったね。ユーロ2012。

前大会の時のメモが残ってたので、リンク。

http://hamayona.blog.so-net.ne.jp/2008-06-30

タイトルは年だけ入れ替えた。

このままで使えるじゃん!

じゃあね。


サイドB

共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。