So-net無料ブログ作成
かじったもの ブログトップ

Galileo Galileiと99RadioService等々。聴いてみたりもして。 [かじったもの]

裏面の298回。

前回と少し重なりますが。














突き詰めるとね。

うまいとか、どうとか、理由はないんだなあ。

気にいるか、どうか。

そこに、言葉の理由はないんでね。

後付で整理して、ことばにはするけど。


だから、ぱっと見ていると、

バラバラなんですがね。


正直、僕らが高校生の頃より、

そういう世代が創っている音楽は

とても豊かな気がするんだよね。

小難しいかどうかとか、

技術的に新しいか

よりもね。

すごく自由な気がするんだよね。

社会は閉塞気味だってのに。


なので、注目されていても、聴いてみようかなあと、

この数ヶ月思っていたところにね、

CD屋の棚で色々と出会って。


やっぱり、ネットもいいけど、

「おすすめ!」ってのもいいね。


今日もコンビニで音楽が流れていたが、

こうやって、街で流れる音楽って格好悪いと思っていたフシが

私にはあるんですがね。

売れ線でしょ、的な。

でも、今日は、いつも聴いている音楽が、

いつかこの街に流れて欲しいなあと、思ったんですよね。


私が普段なら聴かないであろうバンドの皆さんの音楽を

聴いておきた、心の変化。です、多分。


私事ですが。(というか、全て私事ですね。。。)

落語も聴いてますがね。

観るもんだろうけど、赦していただいて。

こんな本も読みはじめて。今更に。


雨ン中の、らくだ

雨ン中の、らくだ

  • 作者: 立川志らく
  • 出版社/メーカー: 太田出版
  • 発売日: 2009/02/19
  • メディア: 単行本



これは一足先に読み始めて。これも、今頃でしょうけど。

結構、話題でしたものね。

かなり、興味深く読んでます。半分位かな。

2冊をわりと並行で読む形になっているので、

自分の頭の中が映画の様な状態です。


赤めだか

赤めだか

  • 作者: 立川 談春
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2008/04/11
  • メディア: ハードカバー





ではでは。

電車とか屋内などと、屋外の差が急に激しくなってませんかあ。

体がついていかない時は、

ほっこりしたり、

クールダウンしたり。

心と体に素直に応じてあげた方がよさそうですな。

関東あたりは、雨もふるし、また天候に順応するのが

しんどい日もありそうですし。


何よりの薬。睡眠。

そうだ、寝ましょう。

それがいい。


では、失礼をば。


サイドB


共通テーマ:趣味・カルチャー

振り返れば、ゆっくり過ぎた日々。日々、バタバタ暮すわたくし。 [かじったもの]

裏面の283回。

こんなのに触手をのばしたりも。


柳家小三治トークショー 1 ~めりけん留学奮戦記

柳家小三治トークショー 1 ~めりけん留学奮戦記

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ソニーレコード
  • 発売日: 1996/12/01
  • メディア: CD




柳家小三治トークショー 2 ~ニューヨークひとりある記

柳家小三治トークショー 2 ~ニューヨークひとりある記

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ソニーレコード
  • 発売日: 1996/12/01
  • メディア: CD




柳家小三治トークショー 3 ~玉子かけ御飯

柳家小三治トークショー 3 ~玉子かけ御飯

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ソニーレコード
  • 発売日: 1996/12/01
  • メディア: CD




新・平家物語(一) (吉川英治歴史時代文庫)

新・平家物語(一) (吉川英治歴史時代文庫)

  • 作者: 吉川 英治
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1989/03/24
  • メディア: 文庫



全部で16巻。

素朴な疑問。いまごろ。学校出てから、うん十年。


吉川さんの親鸞を読んでから、そう思う様になったのだけどね。


結局ね、源氏だろうが、平氏だろうが、

世は末の状態でね。


ということは、平家も案外みるべきところがあるのでは。

というか、平家って何やったのか、

あまりあげられない自分がいまして。


そんなことが気になってましてね。


実際、知らないなあ。


とりわけ、武家政治家としての平氏。



本の方は、多分、平家物語がベースかと思いますので、

勝者の歴史観がベースにはなりましょうがね。


まずはその一歩と。



実は、

来年の大河ドラマがなんで平清盛。


その話がね、単なる客いや視聴者ですが、

全く合点がいかなかったんですわ。


最近はね、

なんとなく、今日の時代性も関係する様な気もしてます。


そんな具合です。


さて。

9月も終わりでして。

10月からは、

そうですね。


うまく言い切れないのですが、

何気に、

漠然とした心配ごとを抱えながら、

前に進む日々かなあ。

そんな気分では、おります。


とはいえ、お気楽でいたいところではあります。

時々は音楽のライブなども楽しみたいところです。


本日も、思いつきで、何の整理もなく。

浮かんだキーワードで映像なり音なり、

派生してであった映像などを並べてみます。

オーネット・コールマン。





JAPS GAPS というグループを、名前だけで、ずっと知らなくてね。これだったのかあ。


そしたら、ドラム合戦。つのだひろさん、秀樹もいるけど、そうる透さん、真矢さん。
観てて、楽しい。うまいんだけどもね。


ついぞ、LPを買うこともなく。テープに録音してもらったのを聞いたことがあったかな。
この曲じゃなかったけど。

これは、CMの局だったかも知れないです、お酒系の。


全くの筋ちがい。ですが。









今日を忘れて明日。

今年はそんな感じで、一見振り返らない、足早な日々的でありますが、

一方で、なんだか不思議と時間が経つのが遅い感じもありまして


うーん、

経験上、一番長いかもしれない。



というより、私自身、

今年は春先から、時計が狂ったままなのかな。


まあでもね、

嫌ではないんだよね。不思議と。

この刹那は。


まあ、いいか。


そのうち、寒い寒い冬がきて、春もくるんだろう。

季節が巡るなら、それでいいんだろう。


意味不明な表現ですけど、

ひっくるめて、そんな気分ですな。


ではでは、皆さま、

どうかご息災で。

(月別の更新回数記録を更新しちゃったみたいだ。

以前の様に、何か不満があって番外編でぼやいていた訳でもないしね、

遊びたかったのかな、今月は。そういうことに、しておきます。)


サイドB


共通テーマ:日記・雑感

月とタワーと飛行船 [かじったもの]

裏面の47回目。


私のMySpaceのプロフィールはこちらから。お陰様で少しフレンド増えました。リスペクトする方達、元気な方達ばかりです。高野寛さんにもリンクします


今夜は仕事場のとある場所から東京の夜景を見ました。

いつもの様に六本木ヒルズが見えました。

そして今晩は、空にはとても明るいお月様。そして冬色の東京タワー。
そして、なんと、そんな風景をゆっくりと横切って行く飛行船が。

え、飛行船。もう暗いぞ?一瞬目を疑いましたが、確かに東京の夜に泳ぐクジラの様に
浮かんでいました。


さて、東京タワーはある時からライトアップし始めたこともあるし、低炭素革命云々のお話もありますが、
目になれたその夜景から、東京タワーが消えたら、結構さびしいだろうなあと、しみじみ思ったのであります。
ちょっと感傷的になったせいか、電気もつけずにその景色を短い時間ですが眺めたのであります。


地方によって変わると思いますが、関東近県ですと、
「あ、富士山見えた」っていうのが、小さな幸せだったりすると私は感じてきたのですが、
「あ、東京タワー見えた」というのも同じで、ちょっと嬉しくなる様な、ワクワクする様な気がしました。

田舎暮らしが長いせいもあるのですが、
少年達には当たり前のことになるでしょうけど、かつては10階建てでも「高いなあ」と思ったものです。

霞ヶ関ビルや世界貿易センタービルなど40数階のビルなどは別世界だったのですが、
今は人が仕事だけでなく、日常を暮す空間になっているのでありますねえ。

高さが珍しい時代ではなくなったのかも知れませんが、それでも、東京タワーは別モノだと思うところがありますね。
感覚的なものですが。

各地のxxタワーに、なにか思い出がある方というのも、わりにいらしゃるのではないかと想像するのであります。

建物には理由(寿命、役割の変化、経済的理由、政策等々)があって、永遠に存在し続ける保証はないのですが、
パリのエッフェルの様に長生きして欲しいと、個人的かつ無責任に思った夜でした。

東京の夜景をいつも好ましく思うわけではないのですが、今日の夜景は誠に美しく、優しかったです。
今日は飛行船のふんわりとした時間、照明に負けない月の光、そして東京タワーという存在。

ノスタルジーといえば、それまでですが、嬉しい時間でありました。

どういう訳か、今夜は、自宅でも親族一同で月を見上げたのでした。
旅行先でしか、その様なことはしないので、偶然にも今日は夜の空を見ていたという感じでありました。


月の光

月の光

  • アーティスト: 冨田勲
  • 出版社/メーカー: BMG JAPAN
  • 発売日: 2007/10/24
  • メディア: CD


(富田さんのジャケットが好きなのでこちらをリンクしました。原曲はシンセではありませんね、当然ですが。)

月の光、東京タワー。好きなものばかりの夜でした。[右斜め上]


今日も言いたいことだけ。

では、また。

さよなら、さよなら、さよなら。(淀川長治さん風。知らない人が多いかなあ)[満月]

共通テーマ:日記・雑感

この夏だから読んで欲しい本(少年に)、あと楽しみなアルバム(CD) [かじったもの]

まだ暑く、夕立や、夏の台風がきていたりしますが、私は先週くらいから秋がきているなあと思っているのですが、
無理がありますでしょうか。裏面29回目です。適当にやっているのと、放言しているので、まだ飽きずに続いていますね。
いつまで、続くやら。

さて、今回もほぼノーコメントで。



王貞治物語 改訂新版―不滅の大打者 (小学館入門百科シリーズ 48)

王貞治物語 改訂新版―不滅の大打者 (小学館入門百科シリーズ 48)

  • 作者: 大島 やすいち
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2000
  • メディア: -



今年が最後ですかねえ。(個人的には、野村克也さんの伝記も良かった。小学中学年の頃に読んだかな、確か)
上の本は、図書館でないと、ないかも知れません。


21世紀への伝説史王貞治

21世紀への伝説史王貞治

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2000/11
  • メディア: 単行本



王さんという人に改めて注目して欲しいという気持ちで、書籍はイメージアップ用です。購入のお勧めではありません。



GANGA ZUMBA(DVD付)

GANGA ZUMBA(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: エイベックス・エンタテインメント
  • 発売日: 2008/08/20
  • メディア: CD



昨日発売でしたが、DVD付きでないのもあります。


私のMySpaceのプロフィールはこちらから。ガンガ・ズンバはじめ、私の好きなアーチストや地道な活動をしている元気のいいミュージシャンのMySpaceに行くこともできます。


では、今日もこんな感じの終わらないお盆休みモードでした。

Everything is alright.(あっているかなあ?)[晴れ]

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
かじったもの ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。