So-net無料ブログ作成

たまには、心おちつけて [本]

番外編にしましょう。

特別に信奉しているわけでも、なにか思い入れを持っていたわけでもないのですが、
読んでみました。まだ途中ですが。

(あー勿論、関係する会社に勤めていたりはしません)

タイトルが妙にポジティブですが、私はフラットな方なのですが、眺めてみると、
染み入る言葉もありまして。

この本を手にとったことを、ここに、記録しておこうと思います。


道をひらく

道をひらく

  • 作者: 松下 幸之助
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 1968/05
  • メディア: 文庫




この本で書かれているのは、そう硬くない人生訓みたいなものなのですが、
私は単純に学校の先生から聞いた話を思い出していました。

何故か、授業以外の話が好きな先生にたくさん出会った気がしております。
その話だけを記憶したのかも知れませんが。

騒いだり、突っ込みをいれたりしながらも、6割方の人は多分耳を傾けていたと思う。

最後の世代だったのかも知れないな。僕らも適当だったけれど。

今は、退屈するだけの人が多いのだろうなあ。
まあ、ここらの世相の話は今日はよしましょう。

では、また、本編で。(色々と話題もあるので)



共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。