So-net無料ブログ作成

観てないんだけどね。ノーズウォーターズの小岩「こだま」ライブに集まったミュージシャンの話とか自分の昔話なんか。 [音楽]

188回目の裏面です。

その後は、ライブを観るための仕込みをやってますが、
まだどうなるか・・・。

さて、昨晩のノーズウォーターズのライブ。

小岩「こだま」であったということですが。

色んなミュージシャン系ブログで採り上げられていて、

私のリンク集に収録している人がわりと集った様子でありますよ。

私は観に行ってないんですけども、記録しておこうかと思いましてね。

ノーズウォーターズHP
http://members3.jcom.home.ne.jp/handayaa/

マストのブログ
http://ameblo.jp/nosewaters/entry-10485687624.html#main

ヘンザンのブログ
http://ameblo.jp/henzan0404/day-20100319.html

具志堅巨樹(ストライクカンパニー)
http://blog.livedoor.jp/b_shop/archives/51811809.html

写真がクラウディアっぽい。どうだろう。ご本人も飛び入りし、
オリジナル曲「桜」を歌ったそうです。聴きたいなあ。
  
ブログはストライクカンパニーからリンクされているサイトの方を。

安里希音(kine・バブルガム[活動休止中、色々展開中な方です])
http://ameblo.jp/kine-asato/day-20100318.html

ライブをやる相棒のイシワタケイタ氏が飛び入り。
この方、木更津出身、木更津育ちだとか。

友人に聴いたら、何か知っているかなあ。

統が違いますが、カジヒデキ氏も富津だから木更津近いなあ。

あの方のお家は事業をされていた様な。  
バスに乗ると広告が流れるという。
   
学校が違うので会ったことはないですが、
中学の同級生は多分知っているでしょう。

年齢的に同級生だよなあ。一世風靡して、今もご活躍で。

随分違う人生だが、まあ、いいか。いいよね。
そう、いいの、いいの。(ひとりごと)
  
ロリポップ・ソニックというバンドが燃えるきっかけだとか。
(これが高野寛さんが観に行っていたバンドだろうか。フリッパーズ・ギターの前身バンドらしいが)
  
あー話がそれました。戻します。(ちょっとローカルすぎた)


えーっと。そうそう。

大城クラウディア
http://www.five-d.co.jp/claudia/blog/index.php?date=2010-03-18
飛び入りして唄ったそうです。

最初はクラウディアのツイッターで知って。

いつもチェックしている方のブログみるたびに、
「こだま」だったので、ビックリしましたよ。

ノーズの皆さん、2月に竹富島でもライブやってたんだあ。
して、やまねこマラソンを西表で走ったんだね。

そうか。そうか。

こないだ、その話もすればよかった。

やっぱりCD買いつつ、会話すればよかった。
でも、現金なかったんだよ。本当に。(いいわけ)

こんどいつ会えるだろう。会いにゆく縁があればいいなあ。

まあ、こんなところで。

あさっては、ブームのライブダイジェストやるし。
平日の根拠のない、なんとなく、ねじれたもやもやを消そう。

全く迷惑で無駄なことだからな、そうなんだ、間違いない。
そうだ、迷惑なことからは逃げたい。
けど、難しいね、人だから。

いや、別に何があったわけでなくて、
アンテナの感度が良すぎるだけなんです。
無駄に。

それはそれとして。



では、皆さんにとって、

休みでも仕事でも、ご自身、大事な方みなさんが、

「幸せであるように」

願っております。

サイドB

共通テーマ:音楽

とりあえず再開しよー。やっぱり音楽から。大城クラウディア、ノーズウォーターズしてBEGIN。 [音楽]

裏面187回目。

昨日2010年3月6日は啓蟄。

もうちょっと休んでいようかと思いましたが、休みながら再開することにしました。

ということで、4月には少し早いですが、2010年度をはじめようかと思います。

でも、臨時をはさみながらになるかなあ。

さてと。

いきなり長文もなんなんで、淡々と観たものと簡単なコメントを記録します。

昨日は、東京は御徒町にある「和海」というお店に、

大城クラウディアさんのライブを見に行きましたよ。

(そのうち表面でも何か書かれるかも知れないです。)

クラウディアは、まあBOOMのアルバムで聴いたとか除くと、

宮沢和史氏のソロ時代には出会っていなくて、GANGA ZUMBAで知りました。

だから、知ってから2年位。まだまだ、ちょっとだけです。

GANGA ZUMBAのラジオ系のフリーライブや10,000sambaや、
コンサートツアーやDVDで拝見しておりました。

昨年の5月頃からソロを本格的に始められた頃。

「はいさいフェスタ」という川崎であるイベントを見に行ってから、

ソロとしてのクラウディアのファンになった感じです。

(最初のソロアルバムにサインしてもらったなあ)


CLAUDIA

CLAUDIA

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: FIVE STARS / FIVE-D / SALAVA
  • 発売日: 2007/09/08
  • メディア: CD






歌が良いので、家族全員でファンです。

しかし、小さい子供もいるので、スタンディングのライブが難しく、

原宿のメジャーデビューライブなんかはパスしたんですね。

ということで、和海のステージは狙っていて、

色々な都合がうまくあって、やっと今回実現したという具合。


1年かかりました。なんだ、かんだ。

良かったです。

感想は、もうそれだけ。


1月のNHKのJ-MERO収録でのステージともまた違うし、

昨日だけの感じがライブだなあと感じて良かったということですねえ。

ノーズウォーターズのマストさん、ヘンザンさんがサポートしていて、

このアンサンブルが新鮮で、エモーショナルでよかったっす。

あとは、オーナーらしいのですが、BEGINのキーボーディストである、

上地等さんがいらしていて。



突然で「あっ・・・・」。無言になってしまいました。

たまに来るという情報は見ていましたが、今日はないだろうなあと思っていたので、

今日は等さんも、宮沢氏もこないだろうと思っていたので。

不意をつかれました。

オーナーでもあるからでしょうけど、テーブルを回って会話してくれていたみたいです。

でも、なんでしょうね、自然で良い感じでしたよ。

我が家近隣に昔に通ったお店があって、その話やまあ色々会話して。

握手していただいたり、子供をいじってもらったり、乾杯したりね。

楽しかったですよ。

でも、驚いた方が大きいけど。

さて、ライブの話。

居酒屋ライブらしく2部構成なんですが、本当に後半もノリノリで終わって。

ドラムもパーカスがなくても、ここまでノリがでるんだと思って、
いいアレンジだったですよ。

奏法や、奏法による音色の違いや、ちょっとだけエフェクト使うとか、
存在感あるサポートミュージシャンなんだけど、繊細な演奏でノリを作ってたなあ。

演奏はね、あっと言う間に終わりました。

都合3時間は店にいて、ライブは1時間30分~2時間位やっていたかなあ。

多分ですけど。長い方かなと。

まだお店は営業していたんですけど、家も近くないので、

こちらから、クラウディアに会いに行って、

メジャーデビューCDにサインをもらって帰宅しようと思ってました。


月下美人

月下美人

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: FIVE D plus
  • 発売日: 2009/07/22
  • メディア: CD



先に帰るお客さん、全てのテーブルに挨拶して回ったたみたいでした。

私達のところにも、早めに来てくれたので、
かつてこのブログで書いてきたことなど、

私と家内から質問したり、会話させていただいたり、記念撮影してもらったりしました


で、帰るかーということで、会計すませて帰ろうとしたところで、
再度 等さんと会話することに。

はじめにテーブルにきてくれた時にうちの子Bが絵を描いていて、
「何を書いているのか」という様なことを聴いてくれたんですね。

うちの子うまく説明できずにいたら、
「描けたら見せに来るんだよー」と、まあ社交辞令なんですけど、言ってくれまして。

そしたらうちの子Bは、しっかりスティッチを色つきで書き上げて、店を出る直前に
ミュージシャンの方と歓談する等さんに見せに行った訳です。

モジモジしながら。

そうしたら(見せに来てという話は、忘れていたと思うのですが)

「おースティッチじゃないかあー」ということで、じゃあ見送りしなくちゃねという感じに。

店の外まで出てきてくれて、また会話してたみたいです。

私はその少しの隙に、ノーズウォーターズの二人に「ローリング・マン」が好きだといことを伝えたり
してました。


ローリング・マン

ローリング・マン

  • アーティスト: ノーズウォーターズ,ノーズウォーターズ,崎枝将人,BEGIN,平安山高宏
  • 出版社/メーカー: インディーズ・メーカー
  • 発売日: 2007/08/08
  • メディア: CD



新しいCDが出たからどうですかあとのことでしたが、
恥かしくも、あいにく現金を持ってなかったので、「また今度かいますよー」と。

帰って調べたら、まあ通販はあるんだろうけど、多分ライブ会場でしか売ってないみたいで。
買って置けばよかったなあとちょっと後悔。シングルみたいでしたね。
これからツアーで北海道とか、おでかけみたいです。


今となれば、等さんのルーツミュージックとか、
少しだけ音楽の話も聴きたかったのですけど。
突然の登場で、真っ白でしたわ。


私も店外に出て、家族と合流。

なんだかまた一人ひとり握手してもらったりしてお見送りをして頂いた感じでした。

ミュージシャンというより、オーナーな等さんということな訳ですけどね。多分。

でも、

ミュージシャンの等さんに送ってもらったという、こういう錯覚。

まあ悪くないなあと、少し丸くなった自分にも気づいた夜でした。


3LDK

3LDK

  • アーティスト: BEGIN,BEGIN,比嘉栄昇,明石家さんま,島袋優,上地等
  • 出版社/メーカー: テイチクエンタテインメント
  • 発売日: 2009/08/05
  • メディア: CD



話のスジがずれたかな。

そうそう、大城クラウディアさん。5月30日にアルベルト城間とライブやりますよ。

東京の代官山「晴れたら空に豆まいて」

あと、NHKのスペイン語講座(多分テレビ)のテーマ曲を歌うらしいです。

まだサイトが4月からにはなっていないですが、想像ですがこのサイトに書かれている企画の
内容の番組かと。通常の語学番組とは別枠のものかなも、という感じ。

英語でもありますよね、3ヶ月だけの企画もの。

今回は24時間の生活の中で使える24のフレーズを軸にしたものらしいので、企画モノかと思われます。

3ヶ月なのか6ヶ月なのかは不明。
興味のある方は時々NHKのサイトをチェックしてみましょう。

http://www.nhk.or.jp/gogaku/euro24/index.html
(4月からの企画の中で、採り上げられる言語にスペイン語が入っているみたいです)


スペイン語勉強しようかなあとかいう話もクラウディアとしたり。

フレンドーなありがとうは、ないかと聞いて見たんですよ。
「サンクス」みたいな。

でも、やはりグラシィアスだというので。

「じゃあ今日は、グラシィアス」(笑)と、安易な私は、なんちゃってにスペイン単語をネイティブに喋ってみました。20年ぶりかなあ。スペイン語の単語をネイティヴに喋るのは。

(会話はできないから、単語だけですよ。英語以外は。
英語も会話は初級レベルですし。初級あるかなあ。。。。)


J-MEROでスペイン語、英語を話していたけど、凄いねえと言う話とか。

ブログにも書いてあったけどJ-MEROをアルゼンチンの親御さんが雷のせいで
衛星放送の電波が入らなくなって、結局放送は見られなかったとか。

そんな話も、生でね、聴いたり。


まとまりがなくなってきましたが、年をとってずうずうしくなったせいか、

自分が受け手に回っているからこそなのか分かりませんが、

音楽関係での出会い(音楽、人)に驚かされることが多くて、

あり難いことです。今日はこれ位で。

そういえば、御徒町に行く前に暗くなった押上から東京スカイツリー建築中を見ましたなあ。

それだけですが。

~しょっちゅうライブにいける訳でもないので、なかなか、こういう記事が書ける訳ではないですが。

まあ、つぶやきみたいななのも含めて、また通常の回をやれたらと思います。

世界に3人の方、また良かったら、覗きにきてください。

(日々の発見などは、ツイッターにアップしているかなあ。ウイッキーさんと同じ電車だったとか。
 時々ぼやいたりくだらないことも書いておりますが、ご容赦)

サイドB



共通テーマ:音楽

れんらくです。 [臨時]

<リンク集はこちら>
私サイドBが、よく見ているサイト、ブログやツイッターなどはこちらにまとめてあります。
よろしかったら、ここから、覗いてやってください。

http://hamayonalink.blog.so-net.ne.jp/


++++++++++

今日から3月。

冬眠あらため、まだ寝ますので、春眠ということで、春休みに突入することにしました。

なんかまだ、本格的に気分がのりませんので。

「いつでも臨時ブログ」になってしまいそうですが(笑)

それだけです。今後とも、よろしくお願いします。世界で3人ほどの大事な読者の皆様。

今、みなさん制作中なので。

こちらを。小坂忠さんは過去のマスターに歌を入れなおしたり、3月に新作がでますけどね。

このDVDもよさそうです。


SOUL PARTY 2009 [DVD]

SOUL PARTY 2009 [DVD]

  • 出版社/メーカー: Sony Music Direct(Japan)Inc.(SME)(D)
  • メディア: DVD




サイドB[晴れ]


共通テーマ:日記・雑感

色々なことが。。。あったねえ。臨時だけど記録。 [臨時]

<リンク集はこちら>
私サイドBが、よく見ているサイト、ブログやツイッターなどはこちらにまとめてあります。
よろしかったら、ここから、覗いてやってください。

http://hamayonalink.blog.so-net.ne.jp/


++++++++++

まだ冬眠中。春はきていそうだけど、まだ起きないなあ。

多分。

前回記事からのこと記録。

八重山の方で大きくはないけど地震
沖縄(本)島で99年ぶりの震度5(被害もでた)

日本時間の2/27 15時頃(チリでは深夜3時頃)
チリでM8.8(報道で違いがあるけど)の大地震。

大規模な被害。(チリのNHK的な局だろうか、USTで24時間放送。頭がさがる)

近くの島では大津波があったらしく、今日映像を見ました。
言葉がないなあ。本当に。当時神戸にはいなかったけど、その被害を凌ぐのではないか。

四川の地震も、ハイチも被害拡大の要因は違うけれども、
チリは比較的近代化が進んだ国でもあるものの、首都やその周辺が壊滅といえる様な影響。

ライフライン、病院。南半球は多くの土地では今暖かな季節でしょうから、
衛生などは不安があるものの、寒さが与える影響がないのは、救いになるだろうか。
良くわからない。

とにかく、少しでも命が助かり、首都機能が動きだして欲しい。
大統領が現場で対応しているのには、事情はしらないけど、初めて観た。
実はそれほどショックな地震であったということだろう。
これからは、国を動かすために、動きがかわってくるだろうけど。

日本も今日は津波の情報を一日やってましたね。
実際に着た映像を見ておりましたが、もうちょっと高いだけで、被害がでそうな場所もありましたね。
だんだん、落ち着いてきている様で、少し安堵。

ちょっと気が重たい話ですが、目をそらさずにゆきましょう。そうしたいな。




そんな中、東京マラソンの応援に。これがまた、低温、大粒の雨、風。
選手、運営関係者、ボランティア、そして我々の様な応援者。

体調くずさんでおきましょうね、できれば、明日は関東に限って言えば、
暖かいらしいですが、気温の差がしばらく上がり下がりあるので、注意したいですね。

まあ、ボランティアの方にあたまが下がりました。
午後は雨もあがり、少したすかったのではないですかね。

自分のできるところまで走られた全ての方、悔しい方もいらっしゃるのでしょうが、
素晴らしいと思います。走ることをまた楽しめたら、いいですね。


さて、最後は、音楽の話。

気に行っている方達がだんだん動きだしていて、ライブですけど。
なかなか、全部はいけないんだよなあ。自由人でもないし。

でも、いけるのは顔だしてみたいとは思っています。

その話はおいおい。(いけたらっていうのも多いから)

さて、意外と早めにソロやるだろうと思っていた高野寛さんですが、
pupaとスタジオ改造で忙しくなりそうで、新譜は昨年かそれより遅くなりそう。

シングルも出るのか、今は読めないから、ライブの告知は急にくるかも。

ライブは12月とか年明けとかになるかもと、パターンBの予測も並行して
頭に入れたところです。

popaの新譜とライブが先でしょうね。

pupaはつくづく凄いメンバーだなあとおもっているのですが、まだ不参加。
今年はいけるかなあ。色々と個人的な事情もあるので、新譜は入手して聞きますがね、
ライブはこれは神のみぞ知るになりそう。

(ワールドハピネスは家庭の事情でなぜかいつも絶対に参加できない日程になっているので・・・。
 必然YMOも見れないわけですなあ。まあ、仕方ないので、色んなサイトからの噂でワクワクするつもり)

ということで、高野寛さんのDIARYがアップされたので、のせておしまいにします。
ツイッターが多い最近ですが、ちゃんと記録系もやってくれるところが、バランス感覚のいい高野さんらしい。

http://web.mac.com/haas64/iWeb/Site/Sound%20%26%20Voice%202010/C02CAC0C-C95A-4915-9E9C-2C62CCAEDAAC.html


音楽の話題は本当はまだまだ、あるよね。オノ・バンドのことなんかもあったし。
まあしかし、私は観に行ったわけでもないから、ツイッターでも観てください。
いろんな情報が詰まってますよ。

そうそう、こんなの勝手読んでます。(前ものせたか)


BRUTUS ( ブルータス ) 2010年 3/1号 [雑誌]

BRUTUS ( ブルータス ) 2010年 3/1号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2010/02/15
  • メディア: 雑誌




文藝別冊 加藤和彦 あの素晴しい音をもう一度 (KAWADE夢ムック 文藝別冊)

文藝別冊 加藤和彦 あの素晴しい音をもう一度 (KAWADE夢ムック 文藝別冊)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2010/02/23
  • メディア: ムック



幸宏さんはミカバンドの2代目(実質初代だと思うけど、つのださんに怒られるから、2代目で)なんだけど、
3代目ってんで、2代目をさがしかけたけど、ツイッターでご本人が「違っている」とつぶやかれてました。

あはは。

では。また冬眠します。桜も咲き出しているけれど。

サイドB

タグ:高野寛

共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。